不妊の漢方を開始したら

不妊の漢方を開始したら時を同じくして私は妊活に効果があるという栄養素である葉酸と婦宝当帰膠という漢方を、主人はマカと亜鉛という二つの栄養素が良いという事で摂取するようになりました。

桂枝茯苓丸という漢方は妊娠した場合に、子宮収縮作用があるのであまり飲まない方が良いようです。葉酸は妊娠初期の赤ちゃんの神経を育てるのに役立つ大事な栄養素で、マカは生殖能力を向上指せ、活力を増進し、亜鉛を取り入れることによって男性の生殖能力が(精子の数)アップしたり、ゲンキになるのに効果があったので、はじめたのです。

漢方薬を飲みつづけて6か月で、不妊の漢方の効果があったのです!妊娠できない原因として基礎体温が二部に分かれてないのになるでしょう。

一般的には1か月で低温期と高温期が綺麗に二層の状態で分かれているはずで、それが排卵が正しくにされているかどうかをチェックする目安になるんですね。これがきちんと二層に分かれていない原因には無排卵月経などの排卵障害となっていることもあると思いますね。私は桂枝茯苓丸の漢方薬を毎日利用しつづけていますね。飲み方は非常に簡単です。漢方薬の大きさは飲みやすい大きさなので、多めのお水と一緒に飲むだけで十分です。気になるニオイなどもありませんし、とにかく飲み忘れてしまわないようにだけ気をつければいいのです。
元々は赤ちゃんのために桂枝茯苓丸を飲みはじめたのですが、私自身の体にも良い影響があるということなので、飲みつづけていきたいと思いますね。葉酸は胎児の発育を手助けするとても大事な栄養素です。

妊娠を願望する時期から摂る事が望ましいと一般的には考えられていますね。

妊娠初期はつわりにより食べられる物が限られてくる妊婦さんも多いため、漢方薬で補うことが効果的でしょう。
貧血の予防の為にも桂枝茯苓丸と鉄分の漢方薬を摂るとさらに効果があがると言われていますね。妊婦にとっての必要な栄養素というのはずばり漢方です。

この漢方が足りないと胎児の脳や神経系に障害をきたすリスクが大聞くなってしまいますね。

では、いつまでに当帰芍薬散を摂ればよいかといわれると、妊娠3ヶ月以内とされているため、この時期に温経湯を摂ることが必要です。当帰芍薬散は妊娠する前から摂取して初期の時点で体の中にあるという状態が理想的とされます。不妊治療(排卵誘発剤を使用することもあります)をしている時点で、妊娠を望んでいるのですから、治療している間にも漢方を積極的に摂取することも赤ちゃんの先天性奇形を事前に予防するという部分にもおいて重要な事だと思いますね。

鍼灸にはツボにあたる箇所を刺激することにより自律神経系や内分泌系のはたらきを助ける効果があり、全身の機能のバランスを良い状態に整えたり、促したりといった効果が期待できるでしょう。お灸は肩凝りや腰痛などの場合に行なう治療方法と、思われる方も多いようですが、副作用の心配なく妊娠しやすい母体を創る薬を使わない治療方法として不妊症の悩みにはお灸がいいと聞いていますね。

不妊治療(排卵誘発剤を使用することもあります)というものに抵抗を感じるご夫婦もなきにしもあらずです。そして、不妊治療(排卵誘発剤を使用することもあります)には特に不安がなかったとしても、不妊治療(排卵誘発剤を使用することもあります)にかかってしまう費用がネックになってはじめることができなかったり、あきらめざるをえないこともあります。タイミング治療においては、そんなに費用がかかりませんが、人工授精や体外受精となれば、まとまった費用が掛かります。妊婦が積極的に摂るようにすすめられる婦宝当帰膠ですが、熱により栄養素を失われてしまうので、調理をする場合には気をつけることが求められます。調理するプロセスで長く加熱してしまうと、その栄養素は半分になってしまいますね。
だから、熱を通す場合はさっと湯通しだけにするなど加熱のしすぎに気をつけることが大事です。とにかく桂枝茯苓丸、選びの方法は胎児への影響を考慮するとなるべく添加されたものが少なめな物を選びとるのがいいかも知れません。

また、どんな場所で造られているのか、残留放射能のチェックはされているのかなど製造過程にも気を配って選択しなければなりません。

不妊に悩んでいる人におすすめの東京にある漢方薬局

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です